クリルオイルの副作用

aobakari_s

南極海は汚染されていない海域です。そこで獲れたオキアミは基本的に安全で安心な生物です。また、プランクトンであるオキアミは食物連鎖の下位に位置しているため、化学物質などの有害物質を体内に取り込んで濃縮させて汚染してしまうような生物濃縮の心配がないといわれます。

このようにクリルオイルには特に副作用などの危険性はないと言われますが、魚介類にアレルギーがある人は注意が必要です。

また、クリルオイルには血液をサラサラにする効果があるため、病気や手術などで血液をサラサラにしてはいけない状況にある人は必ず医師に相談することが大切です。

女性の健康は女性ホルモンの影響を強く受けているといいます。月経前になると気分が落ち着かずイライラしたり、落ち込んだり、また肌トラブルや体の不調にも悩まされる人が多いようです。

また、40代後半から50代前半の閉経前後の10年ほどには更年期障害があり、ほてりや発汗、不安感などの症状が起きる人が多く、中にはうつ状態に陥ってしまう方もいます。

これは年齢とともに卵巣の機能が衰えることで、ホルモンバランスが崩れるためです。クリルオイルに含まれるリン脂質とEPA・DHAなどのオメガ3系脂肪酸はイライラや気分の落ち込みなどの症状、ほてり、不安感、などの緩和に効果があることが臨床試験で証明されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>